スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肥大型心筋症と診断されて

2014.03.01 15:41|実家猫

以前チラッと触れましたが、今日は実家猫こまちさんが患っている
肥大型心筋症の事について書きたいと思います。
(文章が長くなってしまったのでこまちの日常写真を多めに挿みました)

20140301.jpg


こまちさん、昨年10月に動物病院に行った際、肥大型心筋症であることがわかりました。

以前からこまちが寝ている時の呼吸(胸の動き)が少しおかしいな・・・と感じていました。
寝ている時にビクッと痙攣する事は珍しい事ではないと思いますが、その頻度が多いというか、
心配するレベルではないかもしれないけど、ちょっと気になっていたので、ワクチンで病院に
行くついでに診てもらおうという事になりました。

201403017.jpg


まずは聴診器で心音を確認してもらいましたが異常無し。
念の為にと撮ったレントゲンで、心臓の壁が少し厚くなっている事がわかりました。
その後超音波検査で詳しく調べてもらい、「肥大型心筋症」と診断されました。

201403014.jpg


肥大型心筋症とは、
簡単に言うと心臓の筋肉が厚くなり、心臓の働きが悪くなる病気です。
この病気は遺伝も関係があると言われていますが、はっきりした原因はわかっていません。
(発症年齢が5歳以下の場合、先天的にその病気を持っていた可能性が高いという説はあります)

201403012.jpg


症状が出ずらい病気の為、気付かないうちに進行し発作や麻痺が起きてからやっと
病気に気付くという事が多いそうです。
(聴診器で異常がわからなかった通り、レントゲンまで撮らないとなかなか発見されない病気です)

201403018.jpg


残念ながら、現在この病気を完治させる治療法はありません。

こまちが受けている治療は、心臓発作の危険を減らし心機能を助ける薬(血管拡張薬)を飲み、
心臓の負担を抑えるというものです。
幸いにもこまちは初期段階だったので、薬を飲みながらこれまでと変わらない生活を送っています。

201403015.jpg


覚えてくださっている方はいるかな・・・?
こまちは子猫の時、背骨に異形が見つかり ⇒   小さい頃から激しい運動(高いジャンプや走り回る事)
はせず、まだ2歳ですがどちらかといえばシニア猫のようなゆったりとした生活を送っています。

201403019.jpg


なんでこまちばっかりと悲しくなりましたが、病院の先生からは
『こういうゆったりとした生活が、心臓の為には負担にならずに済んでいたんじゃないかな・・・』
と、言われました。悪い事だけじゃなかったんだね。

201403011.jpg


こまちを見ているとこちらの心配をよそに、美味しそうにご飯を食べ、お庭でまったり日向ぼっこして、
ふふふ~んと優雅に毛繕いしたり。背骨や心臓に疾患はあるかもしれないけど、
こまちはこまちなりに、きっと楽しく幸せに毎日を過ごしているんじゃないかなと思います。

201403016.jpg

これらかもこまちが毎日笑顔で暮らせるように、見守る家族はこまちの事が大好きだから、大切な家族
だから、くよくよせず笑顔でサポートしていくからね!



読んでいただきありがとうございます☆
ポチっ ポチっ と押して頂けると嬉しいです
↓   ↓   ↓

にほんブログ村
いつもポチの一手間ありがとう
↓   ↓

ペット(猫) ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:猫と暮らす
ジャンル:ペット

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

こてつるこ

Author:こてつるこ
2011年3月20日生まれ ブリショの小鉄と
2011年9月29日生まれ スコの柚子との生活を
のんびり更新してます

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Instagram

koteyuzu

Instagram

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。